朝の歯磨きは、起きてすぐ?朝食後? | オーラルケア・ラボ

朝の歯磨きは、起きてすぐ?朝食後?

あなたは、朝起きてすぐ歯磨きをしますか?それとも、朝食後ですか?
どうせ朝食後に磨くから、起き抜けに磨く必要はないと思っている人も多いのでは?
本当のところ、どちらがよいのでしょう?
今回は、朝の歯磨きのタイミングや方法についてご紹介します!

<関連広告>[薬用マスティック&アロマ」が口臭・歯周病対策になる訳は?

オーラルケア50%OFF以上
Amazonで詳しく見る

■睡眠中は細菌が3倍のスピードで増殖する!?

起床時のお口のネバネバや口臭、気になりますよね。
睡眠中は唾液の分泌量が減少して口内が乾燥し、細菌が繁殖しやすい状態になります。
睡眠中は起きているときの3倍も繁殖すると言われています。
つまり、起床時のお口の中は、細菌の巣くつといっても過言ではありません。

お口の中で増える悪玉菌の中には、そのまま朝食と一緒に飲み込んでしまうと、心筋梗塞や糖尿病のリスクを高めてしまう危険な菌もいます。
そのため、お口の健康はもちろん、身体の健康のためにも、朝のお口のケアはとても重要なのです。

<関連広告>【なたまめ茶】

■朝2回磨くのはよくない!?

とはいえ、起床後すぐに歯を磨き、朝食後にまた磨くというのは、忙しい朝には大変ですよね。
できれば、どちらか1回にしたい!という人も多いでしょう。

実は、起床後に磨くか、朝食後に磨くかは歯医者さんによって意見が分かれるところですが、ほとんどの歯医者さんに共通しているのが、「朝2回も磨く必要はないし、磨き過ぎはよくない」ということ。
短時間のうちに何度も歯を磨くと、歯の表面を傷つけたり、歯茎にダメージを与える原因になるため、どちらか1回だけきちんと磨くというのが正解なのです。

<関連広告>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ【プロポデンタル】お試しセットが1,500円!

■朝は1回だけきちんと磨けば大丈夫!?

起床後と朝食後のどちらか1回だけ磨くといっても、ネバネバしたお口のままで朝食を食べるのは気持ち悪いし、食後に磨かないのも気持ち悪いですよね。

そこで、以下の2つの方法のうち、自分のライフスタイルに合った方法を選ぶようにしましょう。

起床後はうがいをし、朝食後にしっかり歯を磨く
うがいをするだけでも、お口の中で増殖した細菌の多くを洗い流すことができます。朝起き抜けに水を飲む習慣がある人も、必ずうがいをしてから水を飲みましょう。

起床後にしっかり歯を磨き、朝食後はフロス+うがい
起床後に歯を磨いて目を覚ますという習慣のある人は、朝食後はフロスで食べカスを落とし、しっかりうがいをしましょう。お口のニオイが気になる人は、キシリトールガムを噛むようにしましょう。

<関連広告>職人富山の渾身の一作「ころころ歯ぶらし」

■まとめ

歯磨きは朝・昼・夜の3回するのが基本ですが、一番重要なのは、就寝前の歯磨き。
就寝前にしっかりプラークを落とせていれば、就寝中の悪玉菌の増殖を最小限にすることができます。
また、朝や昼は時間がなくてゆっくり歯を磨けないという人も、1日1回就寝前にきちんと丁寧に磨けば、歯周病や虫歯のリスクを低くすることができます。
時間のない忙しい朝は、起床後と朝食後の2度磨いても、「磨いた気」になっているだけということもよくあります。
自分のライフスタイルに合わせて効率よくお口のケアをしましょう。

<関連広告>[薬用マスティック&アロマ」が口臭・歯周病対策になる訳は?



トップへ戻る