歯医者さんの「歯のクリーニング」は、どれくらいの間隔で行うべき? | オーラルケア・ラボ

歯医者さんの「歯のクリーニング」は、どれくらいの間隔で行うべき?

健康な歯とお口の中を保つためには、歯科医院で定期的に歯のクリーニングを受けることが大切です。
でも歯のクリーニングはどのくらいの間隔で行ったらいいのか、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
今回は歯のクリーニングについてお話しします。

<関連広告>[薬用マスティック&アロマ」が口臭・歯周病対策になる訳は?

オーラルケア50%OFF以上
Amazonで詳しく見る

■歯のクリーニングはなぜ行わなければいけない?

歯のクリーニングの必要性は、ただ単に歯の汚れを取るだけのものではありません。
自宅では落とすことが難しいプラーク(歯垢)や歯石を、専用の器具を使って取り除くことで、口の中の様々なトラブルを防ぐことを目的としています。
虫歯や歯周病は、食べかすから作られるプラークに棲みつき、増殖していきます。
またプラークが固くなったものが歯石です。
歯石を自宅で取り除くことは難しく、超音波スケーラーと呼ばれる器具などを使って固い歯石を取り除きます。
このプラークや歯石を除去せずそのままにしておくことで細菌が繁殖し、やがて虫歯や歯周病に進行していきます。
特に歯石は、歯の表面だけでなく、歯肉の内部にまで入り込んでしまうと歯周病に進行する可能性が非常に高く、何度かに分けて除去しなければいけません。
また歯周病に進行してしまうと、治療も大変になってしまいます。
このようなことにならないためにも、定期的にクリーニングを受けることで歯のトラブルを防ぐこと、また早期発見を目的としています。

<関連広告>【フジッコ】カスピ海ヨーグルト

■歯のクリーニングを受ける間隔は?

クリーニングを受ける頻度や間隔は、歯石やプラークが着きやすい、またはあまり着かないなど、口腔内や歯並び、また唾液の質によって個人差があるため異なります。
一般的に、いちど除去したプラークが歯石となり、口腔内に良くない影響を与えるのが約3ヵ月後と報告されています。

また患者さんによっては半年に一度の場合もあります。
歯科衛生士が口腔内の衛生状態や歯周ポケットの数値、歯ぐきの炎症状態の有無などから判断し、患者さんにとっていちばん最適な時期を判断します。

<関連広告>美白成分と歯周病予防成分を同時配合した薬用オーラパール

■歯石除去とPMTC

歯のクリーニングには歯周病治療を目的とした歯石除去を中心とした保険適用のものと、歯の汚れを落とすだけでなく、歯の質を強くして虫歯や歯周病から歯を守ることを目的とした自費治療のものがあります。
どちらも同じような間隔で受けることが望ましいですが、保険適用の場合、保険のルール上、1ヶ月に1度など、あまり短い間隔で歯石除去を行うことはできません。
どうしても短い間隔で行いたい場合は、自費治療のクリーニングを選択するとよいでしょう。

<関連広告>医師も驚く!! 蜂産品の相加、相乗効果!!

マヌカハニー、プロポリス、ローヤルゼリー、ミツバチ花粉の混合は

あなたの健康維持の必需品です

■歯のクリーニングで歯周病などを予防し、健康な状態を保つこと

歯石除去をはじめとした歯のクリーニングを定期的に行うことで、歯の口腔内を適切な状態に保つこと、また歯周病をはじめとしたトラブルを早期発見、早期治療を行うためにも、3か月に一度の歯のクリーニングや定期検診は必ず受けるようにしましょう。

<関連広告>[薬用マスティック&アロマ」が口臭・歯周病対策になる訳は?



トップへ戻る