歯が小さい「矮小歯」って改善できるの? | オーラルケア・ラボ

歯が小さい「矮小歯」って改善できるの?

歯が通常よりも歯が小さく見える場合「矮小歯(わいしょうし)」の可能性があります。
矮小歯であることから、すきっ歯に見えることもあり、気にする方も多いでしょう。
改善することはできるのでしょうか?

<関連広告>[薬用マスティック&アロマ」が口臭・歯周病対策になる訳は?

オーラルケア50%OFF以上
Amazonで詳しく見る

■矮小歯による問題点は

矮小歯だからといって、実は特別大きな問題があるわけではありません。
歯並びや噛み合わせにこれと言った問題はなく、虫歯なども見当たらない場合、治療を必要としません。矮小歯で問題となるのは、実はご本人の見た目に対するコンプレックスです。
歯に対するコンプレックスは色々ありますが、矮小歯によるすきっ歯をコンプレックスと感じる場合、矮小歯の治療を考える必要があるというふうに言えるでしょう。

<関連広告>【東京抜かない矯正歯科研究所】

■矮小歯の改善法

矮小歯の治療として考えられる方法は何点か考えられます。

・ラミネートベニア
ラミネートベニアの場合、歯の表面を薄く削ってセラミックのシェルを貼り付けます。
削る量が薄いとは言え、健康な歯を削ることに抵抗を感じることもあるでしょう。
しかし矮小歯の場合、もともと歯のサイズが小さいため、歯をそれほど多く削る必要がありません。
気になる歯の隙間を埋める方法として適していると言えるでしょう。
セラミックは汚れも付きにくく、綺麗な状態を長期間保つことが可能です。

・ダイレクトボンディング
ラミネートベニアがセラミックを使った治療法に対し、ダイレクトボンディングは、レジンという歯科用プラスチックを直接歯に盛り足して、隙間を埋める方法です。
こちらも歯をほとんど削ることなく、短い治療期間で修復が可能なため、患者さんにとっても負担が少ないことが大きなメリットです。

ただしダイレクトボンディングは歯科医師のテクニックにより仕上がりが変わってきます。
またダイレクトボンディングに使用するレジンは保険適用の虫歯治療でよく使われているものに比べ、質の良いレジンを使うことが多いことから、ほとんどの場合自費治療となります。

なお矮小歯を抜歯し、歯列矯正を行う選択肢もなくはありませんが、歯並びが揃っているのにわざわざ歯を抜いてブラケットを装着する歯列矯正を行うメリットはあまりありません。
歯並びが乱れているのなら矯正治療を行いますが、ただ単に歯が小さいからといって、わざわざ時間と費用を費やすことはないと思います。
同じ費用をかけるなら、ラミネートベニアのほうがずっと負担が少ないため、矮小歯を改善するための矯正治療はあまりオススメできません。
ただし歯並びが悪い中で矮小歯がある場合は、全体的な歯列矯正を行いながら、審美的な治療も併せて行うこともあります。

<関連広告>海洋性コラーゲンとN-アセチルグルコサミンを凝縮【コラーゲンゼリー】

■そのまま様子を見るか、審美面を考慮した治療を行うか

基本的な問題が何もなく、ただ単に歯が小さいだけなら、様子を見ることも多くあります。
しかし見た目が気になる場合は、ラミネートベニアやダイレクトボンディングに力を入れている歯科医院でいちど相談すると良いでしょう。

<関連広告>[薬用マスティック&アロマ」が口臭・歯周病対策になる訳は?



トップへ戻る