歯並びが悪くなる原因と治療法は?大人の歯列矯正! | オーラルケア・ラボ

歯並びが悪くなる原因と治療法は?大人の歯列矯正!

「私の歯並びはきれいです」と自信を持って言えますか?
言ってみたいですよね。

歯並びが悪くなるのにはいろいろな原因があります。
それを知れば、これ以上歯並びが崩れることを防げるかもしれません。

今では、働きながら矯正できる治療法もたくさんあります。
歯並びに自信を持てるように、歯並びの悪くなる原因と矯正について知っておきましょう!

<関連記事> 歯周病予防・口臭予防の薬用マスティック&アロマの効果は?口コミ・評判は?

オーラルケア50%OFF以上
Amazonで詳しく見る

■矯正ってなに?

歯並びの悪さは、見た目に良くないのはもちろんのこと、機能的にも問題が生じてしまいます。
直すに越したことはありません。

まずは、基本的な知識から。
歯科矯正とはいったいなんなのでしょう。

歯科矯正とは、「悪い歯ならびや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯ならびにする歯科治療」のことです(日本矯正歯科学会HPより)

歯科矯正には、
・予防矯正(将来の歯並びが悪くなることを予防する)
・抑制矯正(すでに歯並びが良くないが、ある原因を除けば改善できそうなときに行う)
・限局矯正(乳歯と永久歯が混ざっている時期に、今後のことを考えて行う)
・本格矯正(ほとんどまたは全部が永久歯の際に、口腔内の広範囲にわたって行う)

などの種類がありますが、今回は大人のみなさんのため「本格矯正」をピックアップしたいと思います。

<関連広告>精密審美歯科センター

■歯並びが悪くなる原因

では、歯並びが悪くなるのには、どんな原因があるのでしょうか?
原因が分かれば防げるかもしれません。

歯並びが悪くなる原因には、防ぎようのない全身の病気によるもの、歯の生えてくる時期によるものなどのほかに、普段の癖によるものがあります。

良くない癖の例として
・下唇を噛む
・唇(上・下)を吸う
・舌を出す
・口呼吸
・異常な嚥下(飲み込み)の癖
・爪を噛む

などです。
それぞれ、特徴的な歯並びになってしまいます。

癖は意外と自分で気づかないものです。
ふとした瞬間に癖が出ていないか意識したり、自分もしくは周りに指摘してもらったりして注意しておきましょう。

■矯正方法・器具いろいろ

代表的な矯正方法を知る前に、大まかな分類を頭に入れておきましょう!
何にでもメリット・デメリットはあるものです。

器械的矯正装置
(ばねが元に戻る力など、材料の力に頼るもの)
取り外し自由
口内に固定
機能的矯正装置(口周りの筋などの力に頼るもの) ※主に成長発育期の患者が使用する

<取り外せる矯正装置>
メリット
・人目につかない
・口の中をきれいに清掃できる

デメリット
・装着時間で仕上がりが変わる
・取り外すときに装置が変形する可能性がある

<固定する矯正装置>
メリット
・的確に矯正できる

デメリット
・口の中を清掃しにくい
・見た目が気になる

それでは、次は代表的な矯正装置をいくつか紹介します。

<関連広告>【東京抜かない矯正歯科研究所】

■代表的な矯正装置

<マルチブラケット>
マルチブラケット
(引用元 : うえだ矯正歯科HP)

これは現在もっともよく用いられている矯正装置です。
本格矯正の多くがこのマルチブラケット装置で行われています。

歯1つ1つの表面に「ブラケット」という四角い装置を貼り付け、そこにワイヤーを通した形になっています。
自分で取り外すことはできません。

ブラケットやワイヤーは金属なので、従来、どうしても目立ってしまっていました。
しかし、最近は、このブラケットが透明であったり歯に近い色であったりするものが出てきて、目立ちにくくなりました。
これらのブラケットは見た目には良いですが、少しもろいという欠点があります。

マルチブラケット装置を装着すると、どうしても磨きにくい箇所が出てきてしまいます。
この装置を装着したら(装着していなくても)、しーっかり歯を磨きましょう。

<リンガルアーチ>
リンガルアーチ
(引用元 : 矯正歯科ネット)

これは歯の裏側に固定される矯正装置です。
自分では取り外しできません。

奥の左右1つの歯にバンドを巻きつけ、そこから太い針金(主線)を歯の裏側全体に通します。
そこから更に、細い針金を出し、その力で歯を移動させます。

もちろん、目立たないことが利点です。
しかし、舌で触れる範囲にたくさん針金があるので、舌を傷つけたり、また、装置を変形させたりしないように細心の注意が必要になってきます。

部品が多いので不潔になりやすいです。
しっかり歯磨きをしましょう。

<マウスピース>
マウスピース
(引用元 : 矯正歯科ネット)

これは、透明なマウスピースを歯にかぶせて行うものです。
自分で取り外しができます。

取り外しができるのは、大きなメリットである一方、デメリットにもなりかねません。
というのも、矯正の期間や仕上がりが装着時間に左右されてしまうからです。

1日のうち24時間矯正する他の装置に比べて、マウスピースだと装着時間が短くなってしまうのは仕方がありません。
症例にもよりますが、マウスピース矯正のほうが長期に及ぶこともあります。

今回紹介したのはほんの一部。
ほかにも、色々な装置・術式があります。
歯並びをみて歯医者さんが的確に選択してくれるはずです!

<関連広告>【親知らず以外の抜歯をせずに】出っ歯が改善された事例多数!

今すぐ無料カウンセリングへ!

■まとめ

矯正といえば「ワイヤーが見えるもの」と認識していませんでしたか?
最近は目立たない方法が続々と出てきているのです。

大人が働きながら矯正できる時代になりました。
これでしたら、歯並びを直すという選択肢が広がりますね!

ためらわず、素敵な笑顔を作れるように、この機会に歯科矯正を考えてみてはどうでしょうか。

今歯並びがきれいな人は、ぜひ悪くなる原因を避けるように気をつけてみてください。

<関連広告>[薬用マスティック&アロマ」が口臭・歯周病対策になる訳は?



トップへ戻る