歯の詰め物「コンポジットレジン(CR)」とは? 耐久性は? | オーラルケア・ラボ

歯の詰め物「コンポジットレジン(CR)」とは? 耐久性は?

歯医者さんで虫歯の治療をするとき使われる詰め物が何かご存じですか?
保険診療の場合、第一選択肢は、「コンポジットレジン」と呼ばれるプラスチック。
その耐久性などについて調べてみました!
<関連広告>[薬用マスティック&アロマ」が口臭・歯周病対策になる訳は?

オーラルケア50%OFF以上
Amazonで詳しく見る

■コンポジットレジンは保険診療での第一選択肢

虫歯になった歯の治療は、削るのが原則です。
そこに、詰め物や被せ物をして、歯の機能を補います。

詰め物はインレー、被せ物はクラウンと呼ばれますが、ここで注意したいのが、保険診療で使用できる素材を選ぶか否かです。

たとえば、審美性と直結するような前歯の治療では、白いものが理想です。
しかし、白いもので保険適用されるのは、レジンと呼ばれるプラスティック素材のコンポジットレジン(CR)だけ。

コンポジットレジンは、安価で形も整えやすいため、保険診療の虫歯治療をするときの第一選択肢です。

<関連広告>美白成分と歯周病予防成分を同時配合した薬用オーラパール

■コンポジットレジンのメリットは?

コンポジットレジンは歯を削った部分や欠けた部分に直接詰め、光を当ててしばらく放置するだけで、しっかりと固まります。
そのため、治療時間が短くてすみ、1回で治療が完了します。
保険適用ができる場合には費用を抑えることが出来ます。
破損した場合のリペアが比較的容易に行える
のも特徴のひとつです。

また、セラミックなど、他の素材のインレーを使用する場合に比べて、削る部分が小さくすむ、というメリットもあります。

レジンは虫歯を削った後、その穴を埋めるために使用されることが多いのですが、欠けた歯を治療したり、歯を盛り足したり、すきっ歯を治したりするためにも使用されます。

最近では、「ダイレクトボンディング」といって、審美目的で使用されることも。
歯の表面にコンポジットレジンを塗ることで、気になる歯の色味や形を修復します。
ただし、出っ歯を整えたり、欠損歯を埋めたりするような大きく形を変える治療には適しません。

コンポジットレジンは、メーカーなどによって素材の成分に差があり、日々審美性や強度を高めるために日々改良されています。
そのため、レジンといっても多くのタイプがあります。

<関連広告>薬用ホワイトニング歯磨きジェル【ビースマイル】

■レジンの耐久性は?

レジンはプラスティックのため、耐久性が高いとはいえません。
歯を動かしたり噛み合わせたりすることで少しずつ磨耗していきます。
大きな力がかかることで、割れてしまうことも。

磨耗したり、割れたりしたら、再度コンポジットレジンでリペアできますが、「レジンの寿命は比較的短いもの」と認識して治療にのぞむべきでしょう。

通常、コンポジットレジンの耐用年数は、通常は2~3年です。
治療後にが完了したあと、何年も放置していると、知らない間にとれたり、割れたりして虫歯が進行してしまうこともあるので、注意が必要です。

コンポジットレジンはあまり強度がないため、歯ぎしりをする人には向きません。
着色しやすいので、喫煙者は変色しやすいと言えるでしょう。

また、コンポジットレジンを使った治療には、歯科医の技術の差が出やすいといわれています。

<関連広告>薬用ホワイトニング歯磨きジェル【ビースマイル】

■審美目的で使用される物は、自費診療だけど高品質?

保険適用のコンポジットレジン充填と、自費診療のダイレクトボンディングで使われるレジンでは、品質面で差があり、変色しにくいタイプのものもあります。

もしあまり歯を削りたくなくて、手軽に黄ばんだ歯や黒ずんだ歯を改善したいのであれば、美容診療用コンポジットレジンを用いて、ダイレクトボンディングをおこなってもらうほうがいいでしょう。

とはいえ、オールセラミックなどと比べると、経年劣化や変色をしやすいことは、覚えておきましょう。

天然の歯をそれほど削らずにすむ場合は、保険適用のコンポジットレジン充填で費用を抑えるというのが、一般的。
虫歯が進行して大きく削る必要がある場合には、変色しづらく、耐久性も高いオールセラミックのほうがよいでしょう。

<関連広告>顕微鏡を使った歯の治療「精密審美歯科」

■まとめ

コンポジットレジンはわが国のメーカーが非常に得意とするところであり、国産の優秀な製品がたくさんあります。
まだまだ研究・開発が進められており、用途に特化した、前歯用のコンポジットレジン(より美しさを重視)や、奥歯用のコンポジットレジン(より強度を重視)なども開発されています。
費用や仕上がりが気になる人は、歯医者さんにしっかり確認して治療をしましょう。

<関連広告>[薬用マスティック&アロマ」が口臭・歯周病対策になる訳は?



トップへ戻る